ゲーミングキーボードだけどシンプルで仕事にも使える!Logicool G413レビュー

ゲーミングキーボードだけどシンプルで仕事にも使える!Logicool G413レビュー

なかのです。
Twitterはこちら

前回のブログでゲーミングPCを購入したのですが、それと同時にキーボードも購入しました。


Logicool G ゲーミングキーボード G413rSV シルバー メカニカルキーボード タクタイル 日本語配列 USBパススルー G413 国内正規品 2年間メーカー保証

見た目はシンプルでゲーミングキーボードっぽくない?

ゲーミングキーボードのイメージとして、LEDがカラフルに光って派手なイメージがありますが、こちらのキーボードは白のLEDなので
そこまで派手ではなくシンプルな印象です。

天面のアルミ合金の削り出しがカッコ良く、机周りの印象も明るくなります。

性能は十分すぎるほどにある

シンプルだからといって機能が疎か、というわけではありません。
ちゃんとゲーミングキーボードとして以下の機能がついております。

  • USBパススルー
  • ゲームモード
  • メディアコントロールキー
  • ゲーミングキーキャップ

USBパススルー

テンキー部分にUSBポートがあり、そこからマウスやヘッドセット(USBタイプ)を繋ぐことができます。

デスクトップPCだとどうしても手元にUSBポートがないので(特に机下にPC本体がある場合)結構重宝します。

ゲームモード

ゲーム中に誤操作を防ぐように特定のキーを無効にしたり、
ロールオーバー、アンチゴーストにも対応しております。

ロールオーバー:複数のキーを押したときに、押されたキーを確実に検出できる個数

アンチゴースト:複数のキーを押したときに、誤入力を防ぐ機能

出典: https://www.pc-koubou.jp/magazine/13788/amp

メディアコントロールキー

ファンクションキーの側面にそれぞれ再生、早送りなどのマークがあります。そのボタンを押すとそれぞれBGMの制御などが出来ます。

ゲーミングキーキャップ

面取りキーキャップがついてるのでよく使うキーは差し替えて使うことができます。

キーキャップ

価格が他に比べたら安い

ゲーミングキーボードって、本当ピンキリで、スイッチのタイプによって変わってくるのですが、今回購入したのはメカニカルスイッチというタイプです。

メカニカルスイッチはおおよそ10,000円〜15,000円程度が相場ですが、
それよりも若干安い9,000円程度だったのでPCにお金かけてしまった以上ちょっとでも安くて良いものを探していたので、このG417はピッタリでした。
値段以上に高級感もあって良いですね。

【デメリット】USBを2つ使わないといけない

これ買ってから気づいたのですが、USB端子を2個消費するんですね…パススルーついてるからプラマイゼロなのかもしれませんが、これは誤算でした。

【デメリット】ケーブルが太いのもマイナスポイント

これもUSB2個接続の代償なのか、ケーブルが太いです。他社のキーボードはもっと細いです。
それだけ丈夫に作られていると捉えるかもっと細くしてくれと思うかは木の持ちようですが。正直太いのはいただけないです。
やはり取り回ししずらいです。
気軽にキーボードどかせません…狭い机なのでちょっと不便です。

打鍵感はとても快適で打ち心地は良い

こちらのキーボードはLogicool独自の赤軸~茶軸に似たような打鍵感で、スコスコと快適に打てます。
青軸のようなスイッチ感はないので、そういった打鍵感が好きな方はおすすめできませんが、
タイピングメインでする人はこちらのほうが良いかもしれません。

総評

今回紹介したG417ですが、10,000円以下の予算であれば買いだと思います。

ただ、予算に余裕あるなら他機種も検討した方が良いと思います。
カラフルなLEDでゴリゴリのゲーミングキーボードが欲しい場合は他機種を選びましょう。

シンプルなキーボードが好きな方はお勧めできます。
またUSBが2個取られるので、拡張性低いノートPCには向きません。

以上です。