iPad Proの新カバーMagic Keyboardを予約したけど、新型iPadProは買わない理由

なかのです。

新型iPad Proが発表されてから話題となっていた、Magic Keyboard。
iPad Pro 2018年モデルでも互換性があるということで予約しました!

Magic   Keyboard

購入した理由とiPad Pro 2020年モデルを購入しない理由を書きます。

Magic Keyboardを購入した理由

キーボードの汚れてきた

2018年12月にiPadPro11インチとSmart Keyboard Folioを購入してからほとんどの作業を
この iPad Pro & Smart Keyboard Folioでしてきた結果、キーボードがテカってきました・・・
それがこちら

さすがかなりの頻度で使ってきたので、そろそろ替えたいなーとも思ってた矢先の発売でしたので
迷わずポチりました

フローティング構造なのが良い

Smart Keyboard Folioは2段階でしか調整できないのですが
今回フローティングカンチレバー構造で
無段階で調整できるとのことでこちらもなかなかの魅力だなーと思いました。
ただ、これは実際に届いてからのレビューでも検証していきたいと思います。

新型iPad Pro(2020)を買わない理由

Magic KeyboardはiPad Pro2020年モデルに対応している機種です。
なのに今回はiPad Pro2020モデルは買いませんでした。
理由は以下です。

チップの性能はそこまで向上していない

今回のiPad Proのチップは A12Zbionicで大幅には進化してません。
現状の所有しているiPad Pro2018年モデルでも十分にアプリ関連は使えますので
魅力には感じませんでした。

iPadのカメラはFaceiD以外使わない

iPad Pro2020年モデルはデュアルカメラになっており、広角レンズを搭載しています。
また、ARやスキャナ技術などが向上しております。
ただ、自分自身のiPadの使い方として

ブログ
たまに動画編集(最近練習中)
イラスト(最近練習中)
動画視聴
電子書籍

がメインなので、カメラは使用せず、使ったとしてもインカメラのFaceIDしか使用しません。

2018年モデルでも十分に使える

上記を踏まえ、購入から1年半近く経ちましたが、今でも不満なく使えてます。当時の在庫の
都合で512GBを購入したのですが、それが今となってはプラスに働いてます。
各種素材をダウンロードしても容量の心配なく使えますし、何よりもMacbookProよりもこちらを
使うことが多いので、下手に変えずにまだしばらく頑張ってもらおうと思います。

と、色々と書きましたが、正直なところ、お金がないというのが本音だったりします・・・

でもお金あったら買い替えたいとは思ってます・・・