ガジェットとWebデザインの備忘録

  1. 仕事

新入社員だったあの頃 〜 その1 〜

なかのです。

社会人今年で9年目、
かれこれ4社目で社会の端っこが見えてきたあたり。
そろそろ新卒入社を控えた方々もいると思いますので
アラサーのお兄さんの新人の頃の回想を書いていこうかなと思います。
全4回の予定です。

新入社員だったあの頃

目次

  • 絶望の就活
  • 選択肢なし
  • 震災
  • 入社

絶望の就活

2011年卒の私が就活していた時期は2010年、
そう、あのリーマンショックの影響をもろに受けてた世代。
入学時には割と求人も多く、大学側も楽観的だったが、
事態は急変し、就活が始まる頃には皆いそいそと説明会や面接に行っていた。
私もそのひとりで、毎日のようにエントリーシートや履歴書を書く日々。
やっとのことで書いたエントリーシートを提出も結果は来ず。
50社くらい送っても数社面接に行けたと思ったらお祈り。
そんな日々を繰り返し、2010年の10月以降はと半ば諦めて就活を休んでいました

そんな2010年の年末・・・

選択肢なし

大学の年末のゼミが終わった時に教授に声をかけられました。
「中野くん、ちょっと後で教授室に来て」

何か言われるかと不安でした

大学ではまじめに講義も受けてましたし、もうこの頃はほぼほぼ卒論も終わり単位も取り終えて
就職先だけが決まっていない状態。
部屋に入るなり、
「この会社受けてみない?」と1枚の会社案内とともに渡されたのが最初の会社でした。

そう、この時は藁をもすがる思いだった私は
年が明けてその会社の面接、テストを受けました。
面接では受けるのは私1人で、面接官が7人もいたので
正直焦りましたがなんとか受け答えし
あっという間に面接は終了。

正直ダメだったらどうしようとか
落ちたら今のバイト続けるか・・・・
などと考えてました。

そうこう2週間ほど考えて過ごしてたら
内定通知がきました。よかったです・・・
この時すでに2月。

卒業まで1ヶ月ほどしかない私は休む余裕もなく卒業式、入社でしたが、
それでも安堵の気持ちが上回っていました。

震災

3月11日、私は耳鼻科にいました。診察前でした。
次診察に呼ばれるタイミングでそれは起きました。

大きく揺れ、停電し、しばらく沈黙が起こる。
それが30分くらい経っただろうか、このままでは何もできないなと
思い帰宅することに。帰り道途中の信号は停電の影響で止まっており、多少の混乱が
あったものの、問題なく帰宅。

結局その日は夜中12時ごろまで電気は復旧しませんでした。

そして数日後に控えていた卒業式は中止となり、
必要書類だけ渡されるなんとも味気ないものとなり、
そのせいか私は大学の華やかな卒業式は体験しなかった。

入社

そんな震災から間もない4月1日入社。
本社がある大阪で10日ほど研修して
2週間後に地元横浜に配属されました
この時はまだ希望に満ち溢れていた頃、

そうあの先輩が教育担当になるまでは・・・・・

続きます。

仕事の最近記事

  1. 同い年の後輩が心配だったので自分なりの仕事術を伝えた

  2. 新入社員だったあの頃 〜 その4〜

  3. 通勤・通学におススメのバックパック4選+α

  4. 新入社員だったあの頃 〜 その3〜

  5. 新入社員だったあの頃 〜 その2 〜

関連記事