Webデザインとガジェットの備忘録

  1. Gadget

CP+ 2019感想

なかの(@nkn12104)です。

2月28日(木)〜3月3日(日)に開催されたCP+2019
去年あたりからフルサイズミラーレスが盛り上げってきており、
カメラ市場もスマホにシェアを取られてばかりではいられないと
必死です。
数年前に行った時とは状況も大きく変わっているので、今回久し振りに行ってきました。

転職してから「写真」に関わることが大きくなっており、日常的に取り扱っているため
今年は一眼レフを欲しいと思っているてためでもあります。
過去にいろいろとカメラを所有しては手放してを繰り返しており、今は持っていません。
そろそろ欲しくなってきているので
気になったメーカーのブースのざっくりとレビューします・・・・・

  • Nikon
  • OLYMPUS
  • RICOH&PENTAX
  • DJI

Nikon

Z6とZ7メイン。
実機展示、もそうですが、とくにZシリーズのフォトギャラリーを見てたら
本当に欲しくなりますね。

OLYMPUS

OLYMPUS
EM-1Xを初めて見ましたが、レンズがコンパクトなだけあって思っていたよりも
軽くて機能的なため、フルサイズミラーレス以外の選択肢としてはこれが一番なのかなとも
感じました。レンズもCanonとか、Nikonのフルサイズミラーレスシリーズに比べたら圧倒的に
ラインナップがあって、レンズを所有している人もそうですが、していない人も入りやすいんじゃないかな。
値段がネックですが、他社のフラッグシップモデルと比較すれば安い方です。

RICOH&PENTAX

RICOH
THETA Z1とGRⅢをメインに展示されてました。
特にTHETA Z1は今までのTHETAシリーズのフラッグシップ機として
でており、イメージセンサーも1インチで今までの約4倍の大きさだそうです。
また、4k動画も撮れなおかつ、マグネシウムボティも採用しており、
より360℃動画、写真が高画質で楽しめます。

今後、写真を使用しているサイトなんかはもっと増えていくでしょうし、
webサイトのコンテンツをリッチ化挿せるツールとして今後も要チェックですね。

DJI

DJI
ドローンでおなじみDJI。
ドローンはもちろんのこと、Osmo Pocketも大々的に打ち出してました。
ていうか、Osmo Pocketのカタログの表紙ってゆうこす(菅本裕子さん)なんですね。
Osmo Pocketも革新的ですが、今後webをやっていく上でドローンって非常に重要な道具に
なると思ってて、空撮とかはダイナミックな写真・動画が取れるし、よりコンテンツを観ている側にとっては
新しい景色を見ることができる。
そういう意味でもハードルの高いドローンは一般人にとってはブルーオーシャン(プロではもう当たり前になっているが)
だし、今後自分もスキルとして持っていきたいとも思ってます。
法律とか面倒だなって思ってみんな遠ざかっているからこそチャンスがあるんですよね。

ーーーーーーーーー

まあ、本当に偏った雑感ですが、
以前にCP+行ったときよりも写真というコンテンツに対して自分がどのような製品を選択して
どうしていこうかと考えながら見ることができたのかなと思いました。

正直、写真というものについて通常の静止画についてはある程度飽和状態で
一回自分がカメラを手放したのもわざわざ高い機材を買ってまで撮る必要がないのかな
とも感じたためです。
とはいえ、THETAやドローンといった新しいアプローチで写真・動画を撮る
しかもそれが商用に耐えられるような高画質でとなれば今後はそちらに
注力していった方が未来があるのかなとも感じたのが今回の感想です。

写真を撮るって行為って身近になりすぎて、何が良いのかわからなくなってしまいました。

ガジェットという意味では魅力的でしたが
「道具」という観点からしてみると特に真新しいものは無かったです。

スポンサードリンク

Gadgetの最近記事

  1. Google謹製のスマホ、Pixel3aを予約した話

  2. ミラーレス一眼レフが欲しいのでいろんなカメラを比較検討してみた

  3. RAVPowerの充電器はコスパよくてiPhoneやiPad充電に便利

  4. iPad Pro(2018)専用Type-Cハブ「Hyper Drive」レビュー

  5. 発売から1年半経ったiPhone8を今更ながら買った

関連記事