Webデザインとガジェットの備忘録

  1. amazon

家でも手軽にカフェ並みのコーヒーが飲める!デロンギ マグニフィカSレビュー

デロンギ エスプレッソマシン マグニフィカS

家カフェ最強のアイテム、ついに購入!

なかの(@nkn12104)です。

前から欲しい欲しいと言っていたエスプレッソマシンをついに購入しました。
今回はそのレビューを書いていきたいと思います。

エスプレッソマシン購入のきっかけ

そもそもエスプレッソマシンを知ったきっかけですが、
2社目で働いていた時にあったんですよね。
その当時あったのがこちらの旧モデル

このモデルでコーヒーを飲んだ時に感動してしまって、いつか絶対家に欲しいと思ってましたが、
買わないまま月日は流れていき、
4社目の今の会社で再びデロンギのエスプレッソマシンが設置されており、エスプレッソマシンの購買意欲が再燃しました。

転職して少し落ち着いた今買うしかない!と思い切って購入しました。

他社と比較してデロンギは

  • エスプレッソマシンのラインナップが豊富
  • すでに会社で使っているため、メンテナンス方法を知ってて勝手が良い

ラインナップについてはデロンギは5万円台から全自動エスプレッソマシンを
揃えております。

またもっと安いカプセル式のものについては決して悪くはないのですが、
そもそもコーヒーの種類が選べない点(自分好みの味を探せない)
カプセルを買うランニングコストあるいは売っている場所が限られてることから初めから考えてませんでした。

また、家庭用の全自動エスプレッソマシンを取り扱っているメーカーは少なく、
スイスのユーラ(jura)くらいしか知らなかったこともあり、
ユーラの場合は10万近くしてしまい明らかに予算オーバー。
今回購入したモデルはAmazonで約7万円で全自動エスプレッソマシンでは比較的安価な方です(それでも高い・・・・・)

メンテナンス方法といっても機会の洗浄くらいしかやってませんが、
それでも大きい機械を購入するということはそれくらいでも知っていた方が何かちょっとした
トラブルがあった場合でも対処しやすいし、操作も慣れているものの方が買ってすぐに迷うことなく
生活に取り込めると思ったからです。

そうして気づいたらAmazonから届いてました。
勢いって怖いですね。

実際の使い勝手

購入してセットアップする際に空気抜きという作業が必要ですが、
作業自体はそこまで難しくないものの、最初の音にびっくりしました。
とはいえすぐに終わるのでそこまで問題なかったです。

メンテナンス性

※3月17日追記
挽いた豆カスは手前部分を台座?ごと引き抜いてそのままカスのみポイっとできるので
便利です。もちろんカス受けや水受け部分は洗えるのである程度使用した所で洗ってます。
抽出ユニットについても水タンクを外した部分に扉があり、簡単に取れます。
抽出ユニットも洗えますが、洗剤はNGです。あくまで水洗いで実施してください。

味とかの感想

朝、試しにコーヒーを入れてみましたが、初めての抽出だったからか、少し薄かったです。
これは仕方ないかなと。
そのあともう一杯入れましたが問題なく抽出できました。

また、この機種にはカフェジャポーネという機能がついています。
カフェジャポーネってなんぞやということでデロンギのサイトにはこう書いてあります。

エスプレッソのうまみとドリップ
のすっきりした後味を融合した「カフェ・ジャポーネ」機能。
豆をハンドドリップのように蒸らしながら抽出することで
芳醇な香りとうまみを凝縮した一杯を作りあげました。

要はハンドドリップコーヒーをエスプレッソマシンで再現させました的なものです。

味はというとやっぱり美味しいです。
基本的にはエスプレッソマシンですので、
スタバとかタリーズとかのコーヒーメニューをベースに
考えていただけたらわかりやすいかなと思います。
一番味的に近いのはセガフレード(イタリア系のコーヒーチェーン店、都内や埼玉とかに数店舗あります)
ですが・・・あまり知名度ないから伝わないかも・・・

薄めのコーヒー好きとかブルーボトム系のいわゆるサードウェーブ系とは
味が異なってきますのでそちら方面が好きな方はご注意を。

上島珈琲店もネルドリップベースなのでちょっと味変わりますね。

あと喫茶店的な味が好きな方もあまりオススメはできないかも。
普通のコーヒーメーカーの方が良いですね。

なので買った方が良い人は
エスプレッソが好きとか、牛乳で割って飲むことが多い人、
コーヒーの中でも深煎り系の豆をよく好まれて飲む方は
手間が掛からず本格的なコーヒー飲めるので超絶オススメです。

ちなみに今回使用した豆はカルディのイタリアンローストです。
深煎りなので味は濃いめ、苦味が強いです。
私は基本牛乳で割って飲むのでこれくらいの苦さがちょうどよかったりします。
エスプレッソ向きですが、ふつうにドリップコーヒーでもおすすめです。
特にカフェラテ、カフェオレとかはこの豆合いますよ!

これから使っていくうちに気づく点も出るかと思いますので
どんどん追記していきますね。
(写真は徐々に足してきます・・・)

↑と書きましたが、最近は少しマイルドさを求めているため、ドトールのマイルドブレンド
使用しております。

こうした製品サイクルの長い普遍的な製品は是非とも消費税増税前に買っておきたいですね。

スポンサードリンク

amazonの最近記事

  1. RAVPOWER 6700mAh Portable Chargerを使ってみた

  2. RAVPowerの充電器はコスパよくてiPhoneやiPad充電に便利

  3. 発売から1年半以上経ったiPhone8を今更ながら買った

  4. 家でも手軽にカフェ並みのコーヒーが飲める!デロンギ マグニフィカSレビュー

  5. HUAWEI Mate10 Pro対応スマホケースPalmoレビュー

関連記事