Webデザインとガジェットの備忘録

  1. Gadget

CP+2019前だけど今欲しいカメラ

なかのです。

最近ミラーレスカメラ市場が盛り上がってますね。
その辺りの話はCP+2019行った後に書いていこうと思います。

その前にカメラについて思うことをちょっと。

webに乗せる画像ってどうしても通信速度、表示スピードを考慮しなければいけないため
いくら高画質なカメラで撮ったところで本来の画像データそのものは表示できないんです。
いままでそんなこと意識せずにカメラを買って写真撮ってましたが、webに関わっている今
本当に高画質で高性能がカメラは必要なのか、って考えてしまいます。

そのため、最近ほしいカメラってなんだろうか…とよく考えてしまうんです。
そんな中候補に上がったカメラを紹介。

  • Nikon D4
  • Nikon D4S
  • Nikon Z6

まず、私の用途として、夜景メインであること、
そして今後ストックフォト的な投稿を中心にしていくこと。
この2点が大前提です。
そして、以下の項目を優先して選んでます。

  • 手ブレ補正
  • 1600〜2600万画素程度
  • 堅牢性
  • 「道具」として使えるか
  • 値段

D4とD4Sについては手ブレ補正がないのでレンズに頼るしかない。
Z6はボディ内手ブレ補正があるためレンズに頼らなくても大丈夫。

高画素でなくても良い理由は2つあって
データのハンドリングがしやすいのと、
高感度に強いからです。

堅牢性は次の道具として使えるかと被りますが、
次買うなら長く使っていきたい。
そのためには、堅牢性が必要であり、
道具して無意識に使えるレベルのものではないといけないなと思ってます。
D4SやD4は発売してから日数が立ってますが、堅牢性という意味では最強なので、大切に使っていけば5年はもつと思ってます。
Z6はまだ発売してから日は浅いのですが、D850と同等の堅牢性があるとのことからこちらも長く使えそうな感じです。

値段については予算的にはレンズ込みで20万くらいで収めたいのですが、上3つだと厳しいですね。
となると以下のものが候補に上がってきます。

  • Panasonic G9Pro
  • Nikon D3s
  • Nikon D750
  • SONY α7ⅱ

G9proはマイクロフォーサーズですが、そのデメリットを感じさせないような仕様で気になっています。

D3sは10年前の機種ですが、フラッグシップモデルだったものですので今でもきちんと使えそうなので候補に上げました。状態の良い中古で10万切ってれば良いのですが…

D750も未だ現役のモデル。そろそろ新機種出そうなので価格も底値で今が丁度良いかもしれません。

SONYのα7ⅱは堅牢性に不安…
あと結構持ってる人おおいからブログのネタにならないかなということで順位は低め

ただ予算オーバーでも今後数年は使い倒すことを考えればZ6あたりがよいのかもと思ってます。

レンズ資産持ってないのでメーカーはある種選び放題なのですが、NikonとSONYを使ったことある身としてはどちらかにメガ行ってしまいます。

Canonも決して悪くありません。ただ、「道具」っぽさがあるのがなんとなくNikonな気がします…Panasonicもなかなか良いのですがS1の価格がぶっ飛んでたのでこれから安くなれば一気に候補に上がるかも。

とはいえ今すぐ結論は出さずに静観していくのが吉なのかもしれません。CP+やフォトキナも控えてますので、よく検討した上でカメラを再開したいと思います。

Gadgetの最近記事

  1. RAVPOWER 6700mAh Portable Chargerを使ってみた

  2. 今流行りのiPhoneケースWAYLLYを使ってみた

  3. GRAMAS Pixel3aケースハイブリッドRibのレビューとPixel3aのケースを調…

  4. Huawei端末からPixel3aに機種変更したので簡易レポート

  5. Google謹製のスマホ、Pixel3aを予約した話

関連記事