私が営業で働きながらWebデザインスクールを経て、Webディレクターになった話

仕事

なかの(@nkn12104)です。

今回は私が営業からWebディレクターになったきっかけを
書いていきたいと思います。

それよりも前の新入社員だった頃のお話は今後複数回に分けて掲載予定です。

  • 営業に向いてないと思ってた
  • きっかけ
  • 勢いで学校へ
  • 勢いで会社辞める
  • 未経験は厳しい
  • 経験積みに派遣へ
  • そして転職

営業に向いてないと思ってた

元々文系だった私は、就活の際、氷河期なこともあって、求人に選択肢はありませんでした。
卒業3ヶ月前、教授から紹介してもらった会社に受けてやっと内定がもらえました。それが新卒で入った会社です。
私の社会人生活の最初は選択肢もなかったのです。
そんな選択肢のなかった会社はインフラ事業がメインのメーカー商社でした。総合職という名の営業職として社会人生活をスタートしました。
そこはBtoBの会社で様々な業種のお客様がいて、私もいろんなところに営業に行きました。
仕事していく中で多少の楽しさはあったものの、営業という職業が苦痛でした。
また、それ以外にも割と古い体質の業界、会社であったため、飲み会のノリや
社内外のゴルフ(私はやってませんが)、残業代はほぼないもの(紙で出勤表書いてました)
などなど、小さな不満が色々と積み重なってました。
これは営業がどうこうというよりもその会社自体の問題でした。
それでも業種を変えればなんとかなるのではないかと思い、
26歳の時に違う業種の営業として転職しました。

きっかけ

次はBtoCのメーカーの営業でした。
メーカーといってもベンチャー企業で社員数は20人にも満たない会社でした。
その中で某ECサイトの担当になったのですが、商品を掲載する際に画像が必要です。
その際に掲載用の画像を別の部署で加工してました。
そういった作業が結構な頻度であり、その度に依頼するのもなんだかなーと思い
自分でPhotoshopが使えたら、Illustratorが使えたらなー
と思っておりました。
そしてそう考えている時期はバタバタしていた時期でもあり、
自分の至らなさ、上司や社長に叱責される度に辞めたいと思っていた時期でもありました。

そうこう考えているうちにそのまま営業から別の職種に移りたいな。
今やりたいことと掛け合わせてWebデザイナーとかいいなと思うようになり
Webデザインのスクールを探すことになります。

勢いで学校へ

2016年11月の休日。
その日は3つ学校の見学会にいくことにしていました。

  • 東京デザインプレックス研究所
  • デジタルハリウッド
  • インターネットアカデミー

まず、東京デザインプレックス研究所
場所も悪くないし、内容も悪くなかったのですが、どうしてもクラス制度に馴染める自身がなかったので、他を見てから検討するようにしました。

次にデジタルハリウッド
ここも設備としては悪くなかったのですが、規模が大きいのと説明された方は拙かったので却下。

最後に行ったのがインターネットアカデミー
まあ、なんというかここであった人とウマが合い、本来の1時間半くらいの予定が3時間くらい色々と話してしまい、その場で即決してしまいました。冷静に考えたらただのバカなのですが、
その時は会社でもうまく行かなかった時で、なんだかそこに希望があるように見えたんですよ。改めて言うとただのバカです。
もっと冷静に判断すれば70万なんて価格払う必要がなかったなと今でも思います。

その辺りは別途書いていこうと思います。

勢いで会社を辞める

それから毎週土日はほとんど学校の授業に費やしました。
通常のフローであれば1年程度で終わる過程を半年程度で終わらせました。
学校の目処がついていきた2017年春頃。
そんな中、この時期に会社の同僚がどんどんと辞めていきました。
寂しいというよりも自分もこの流れに乗りたいと思っていました。

その当時の会社の繁忙期は夏頃でしたので、夏前にはなんとしても辞めたい…
この会社にいても辛いだけと当時の自分は思ってました。

視野が狭くなるって恐ろしいですね。

そしてGW前に辞めることを伝え、6月末に辞めました。
その時は次なんて決まってませんでした。
1人暮らしを辞めて実家に帰ることにしました。
今思えばバカです。

未経験は厳しい

実家に戻り、ゆっくりと仕事を探しながらニート生活をしてました。
とはいえ貯金もほとんどなく、学校のローンも払わなければいけないので
仕事しないとという若干の焦りはありました。

元々事前に連絡していたエージェントと色々と仕事を探してましたが
Web業界は経験年数がかなり重視されます。

やはり求人や面接で苦戦しました。
その時は正社員は無理と考えており、派遣でも経験積もうと思い
とある会社に応募したのですが、不採用でした。
そして・・・・・

経験積みに派遣へ

2社目で受けた会社はWebサイトの運用メインでした。
過去の営業としての経験を評価してもらい、
派遣社員として採用してもらいました。

そこではサイトの運用やそのサイトの構造や更新業務などの
Webの仕事を経験していました。

たまにあるLPの制作も任されたりして充実したものとなりました。

ここで経験積めば次のステップに行けると思って1年ほど経ったある日…

そして転職

それは突然やってきました。
ある日の帰り道、派遣先の営業から電話が…

「次の契約は無しになりました」

かなり動揺しました。はっきりとした理由は定かではありませんが、人員削減の影響とのことでした。(本当かどうかはわかりませんが)

この時期はすでに学校のローンは払い終わってはいたものの、
突然言われて1ヶ月後には無職になると思うとゾッとしました。
崖から突き落とされるとはこういうことなのかと。
その時はかなりの絶望感でした。

とはいえ、悲しみに打ちひしがれてる暇はなかったので、
次の日から動き始めました。
まずはすぐにエージェントに連絡。
なるべく早い段階で面談を実施し、職務経歴書、履歴書、過去の実績やポートフォリオなどを仕上げて面接に臨みました。
残っている有給を使っては面接をする日々…
最初の転職(新卒→2社目)の経験もありスケジュール管理、面接、そしてエージェントへの連絡など、かなりスムーズにこなせました。人間窮地に立たされると集中力が増す気がします(普段からやれよという話なのですが…)

そして、1ヶ月の転職活動で2社内定貰い、最初に内定頂いた会社に転職することになりました。
詳細は以下の記事にも書いてますので興味ある方はこちらもご覧ください。

[clink url=”https://sat0512.com/2018/12/24/web-job-change-01/”]

[clink url=”https://sat0512.com/2018/12/25/web-job-change-02/”]

webというのは一見華やかに見えますが、多くの業務はコツコツと地味なものばかりです。
それでも営業にはない楽しさはありますし、バナーとかの依頼があり、構想とかLPのワイヤーなどが形になっていくのはとても良いものです。それでクライアントに褒められたときなんかは本当に嬉しくて、次も頑張ろうってなります。もちろんミスして凹むこともいっぱいありますし、知らないことも多くて本当に勉強してないと回りに乗り遅れてるなとか感じることもありますが、日々コツコツとやっていければと思ってます。

営業がいやでwebディレクターになったけど、
結局仕事は人と人なのでそこは避けられないんですよね。
Webデザイナーになろうとされてる方も同じです。
結局は人と人なんです。あまりこんなカッコつけたこと言いたくないのですが…

でも後悔はしてません。
これからどんなことが起こるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました