実際に使っておすすめな情報収集アプリ5選

Gadget

なかの(@nkn12104)です。

今は情報社会ですが、時間は変わらない。
効率よく情報収集したいですよね。
今回は私が実際に情報収集に使用しているアプリを5つ紹介します。

Google公式アプリ

意外と使えるニュースフィードアプリ

Google?普通に検索するやつやんって思った方、これが意外と使えます!
私が使用しているmate10proですとホーム画面から左にスワイプすればサッと出てくるため、暇なときついつい開いてしまいます。
Googleアプリ
フィードに出でくる情報は普段から検索しているワードや、このアプリで開いた記事に関連するものが自動で出てきます。
もちろん、興味なければ以下のように設定を変えることも可能です。
Googleアプリ

Google アプリ

Google アプリ

Google LLC無料posted withアプリーチ

SmartNews

ベタですが、やはり外せません。
タブの種類も豊富で順番も切り替えやすいのも良い点です。
良く読む記事のジャンルがTOPタブに集まるのも良いです。

スマートニュース

スマートニュース

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

日経MJ電子版

日経MJとは日経MarketingJournal(マーケティングジャーナル)で過去には(現在も?)日経流通新聞といいます。

通常の日経新聞と違い、最新の消費トレンドやしたものとなり、
小売、マーケティングを中心とした記事が多く、
非常に楽しく読めます。
毎週月水金の発行となってます。
価格と日経新聞よりも安く2,000円(税込)/月で取れます。

今までこちらの電子版は日経電子版を購読が必須でしたので
約5,000円+1,000円=6,000円払う必要がありましたが、
2018年7月1日から
日経MJ単体でも電子版購読できるようになりました。

日経MJの電子版を読むには日経IDを取得後、
電子版購読を申請、
以下のアプリをインストールすれば購読可能です。

日本経済新聞 紙面ビューアー

日本経済新聞 紙面ビューアー

NIKKEI INC.無料posted withアプリーチ

楽天マガジン

一年半くらい前から利用していますが、ほんとに便利。
11ジャンル約250誌も揃っているため、メジャーなジャンルは
ある程度事足りてしまします。

楽天マガジン一覧
本屋行く頻度が減りましたね。
気になる記事や、商品などはスクショして保存できます。

また、ホーム画面に表示させるジャンルを選択できて

特にiPad Proとの相性は良くて(2018年モデルはアプリUI対応済)
月雑誌1冊分のお値段380円(税抜)/月、年間購読ですと
3,600円(税抜)で960円お得です。

もちろん私は年間購読です(現在2年目)

楽天マガジン

楽天マガジン

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

リアルタイム

Yahooの検索アプリ。
主にTwitterのトレンドが一目でわかるアプリ。
また、自分が気になる検索ワードを10個まで登録できるので、
興味あるワードを登録しておくとすぐに見れるため、便利。

Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索

Yahoo!リアルタイム検索 for Twitter検索

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

仕事も趣味も情報社会な今、
多くの情報を上手く集めて活用していきましょう!

スポンサード・リンク

楽天マガジン

タイトルとURLをコピーしました