Webデザインとガジェットの備忘録

  1. bag

日本未上陸のバッグブランドLife Behind Barsを全力で紹介する

なかの(@nkn12104)です。

以前からちょこちょこと書いているLife Behind Barsというブランド
20代〜30代メンズに超絶受けが良さそうなカバンブランドで、自分もどストライクなものでしたので
思いきって購入しました!
今回はこちらのブランドについてと、
購入したTHE SLINGSHOT “ECLIPSE”を紹介。
購入までの道のりを書きます。

そもそもこのブランドって

インドネシアのジャカルタ発のメッセンジャーバッグを中心とした自転車用品のブランドで、
life behind barsの意味を検索すると
「塀の中の生活」「刑務所で過ごす」
と中々パンチの効いた名前ではございますが、
HP内の説明を見ますと

Hailing from the chaotic streets of Jakarta, Indonesia, Life Behind Bars™ was born as an homage to local discerning riders. Who despite the unnerving environment of the traffic congested and air polluted concrete jungle that is Jakarta, they still find a reason to get on their bikes. These riders, they never get discouraged, for they treat the traffic as their playground.

参照
https://lbbjkt.com/support/manifesto

Google先生に翻訳(若干文章修正)してもらったところ、

インドネシアのジャカルタの混沌とし​​た街を舞台にしたLife Behind Bars™は、
地元のライダーたちに敬意を表して生まれました。
混雑した交通環境やジャカルタの大気汚染のコンクリートジャングルの不安定な環境にもかかわらず、
彼らはまだ自転車に乗る理由を見つける。
彼らは、自分たちの遊び場としてトラフィックを扱うため、決して落胆しません。

と記載しておりました。ジャカルタの交通事情は深刻で世界最悪とも言われている渋滞については

通勤往復時間は3~4時間が当たり前、郊外に住む自動車通勤者はまだ月がきれいな夜明け前から家を出ます。ピーク時の市内では、徒歩10分の距離が車で1時間かかることなど日常茶飯事。

参照
https://traveloco.jp/kaigaizine/commute-indonesia

そんな交通事情から自転車文化も日本に通ずるものがあり、
都市部の自転車通勤者、メッセンジャーに向け、
機能的でスタイリッシュな製品作りをしているそうです。

どこか東京と似ている部分がありますね。
実際製品をチェックすると、こちらのリュック
なんかもふつうに自転車通勤として使えそうなものですよね。(欲しいw)

ちなみに私が知ったのは、
元々は以前勤めていた会社の上司がこちらのメッセンジャーバッグを通勤時に使用していたのをみて、
教えてもらったのがキッカケです。

ざっと紹介したところで次に行きます。

THE SLINGSHOT “ECLIPSE”のレビュー


昼下がりのカフェにて

サイズ感としてはiPadPro 11インチがちょうど入る大きさで収納量としては9Lです。
実際にふだん持ち歩いているものを収納するとこんな感じです。

  • iPad Pro 11インチ
  • 長財布
  • 小銭入れ
  • カードケース
  • カギ
  • モバイルバッテリー
  • Type-cケーブル
  • Bluetoothイヤホン
  • 洗顔シート
  • スマートフォン
  • ポケットwifi
  • (自転車移動時)U字ロック


これらが入り、かつ、少し余裕があるくらいです。
(写真ですが、ポケットwifiを写すの忘れてましたw)

また、バックル部分はマグネットでくっつくようになっており、
ハズす時はスライドしてハズすユニークかつ機能的なものとなっています。

バッグの中の裏地はターポリンになっており、
水や汚れに強い構造となっております。
また、表の生地も撥水加工されていて、
多少の雨であれば大丈夫そうです。

キーホルダー用のフックもあり、
カギをすぐ行方不明にさせてしまう自分にとっては
ありがたい装備です。

また、U字ロックについては背部分にホルダーがあるのでそちらに収納できます。

使用しているU字ロックだと最初、
車体用ホルダーのアタッチメントが引っかかり、
入れられなかったのですが、
こちらを外した所すっぽりと収まりました。

ちなみに使っているU字ロックのリンクはこちら。
<

機能的な部分や、デザインは日本のメンズバッグブランドに近しいものがあり
違和感なく街中でも溶け込めますね。

購入までの道のり

とりあえず日本で所探しましたが、ひっからず・・・・・
色々と公式オンラインストアをgoogle翻訳してみると
諸外国(もちろん日本も!)に発送できるので思いきって
注文してみました。
まずはこちらのサイトにアクセスしてアカウントを作成します。


ここで、必要情報を入力します。

そしてきになる商品をカートに入れて


先程登録したアカウントにて発送先を選択します。
ここで気をつけてほしいのは
店引き取りだと無料(店舗はインドネシアにしかない!)
って書いてあり、
ケチな自分はちゃんと読まずにそちらをチョイスしてしまい、
お店からメールで本当にそれでいいの?と連絡があり、
何度かメールのやりとりをした後
UPSの配達に変えてもらいましたw

国際便はいくつか選択でき、おおよそUPSですとおおよそ25ドル前後(ただし地域によって変動する可能性あり)
で5〜7営業日
で届き、
別業者(ごめんなさい、名前は失念しました)ですと15ドル前後で2〜3週間前後で届きます。
支払いについては事前にPayPalに登録しておくと、
安全かつスムーズに支払いできます!

今後も気づいた点があれば追記していきます。
今度はリュック買おうかな・・・でも金が・・・・

スポンサード・リンク

bagの最近記事

  1. 通勤・通学におススメのバックパック4選+α

  2. 日本未上陸のバッグブランドLife Behind Barsを全力で紹介する

  3. 2018年買って良かったもの(ファッション編)

  4. iPad Pro 11インチが入るおススメカバン4選(+α)

関連記事