ガジェットとWebデザインの備忘録

  1. Gadget

PayPayでiPad Pro11インチを買った件

なかの(@nkn12104)です。
12月4日(火)にスタートしわずか10日で100億円達成してしまった、PayPay。
平成最後の祭りといってもいいくらいみんな色々と買ってましたね。

メディアでも大々的に取り上げられ、知名度は一気にあがりました。
ツイッターでもみんな決済後の画面をスクショして晒してますが、
ちゃっかり便乗しましたw

ということで先日散々悩んでると書いてましたが、今回の祭りで決心しました。

今回購入に至った経緯

前回のブログでも書いてましたが去年Surface Proを買ったばかりでしたが、
surfaceProも1年ほど使ってくると色々と不満が出てきました。

Photoshopの動きが遅い

これは購入した時のスペックをケチった結果なのですが、
メモリ8GBとGPUが内蔵ですとPhotoshopの動きが遅く、時に落ちることもありました。

転職してから持ち運びしなくなった

転職活動前はポートフォリオ作りで毎日のように持ち運んでましたが、
転職した現在はそんな余裕もなく・・・
そして、通勤環境も変わり、
現在は通勤電車の中で座れなくなり(以前は座って通勤できる環境でした)日常で触る機会が劇的に減りました。

転職先の端末がmacであること

以前はwindowsでしたが、転職先ではmac
ひさびさにmac環境で仕事するに当たってキー配列やら、使い勝手やらMacやiOSに馴染んで行こうと・・・
まあこれは自分がiPad買うためのこじつけに近いのですが(笑)

ペンの反応

Surface ProではOneNoteを使っていました。
この際に月次の計画をSurface Penを使い手書きで書いていましたがこの時にOneNoteが落ちる落ちるw
後述のペンの進化も伴っていっそうiPad Proいいなーってなりました。

今回のiPadProに惹かれた点

デザインの良さ→美しい板

今回大きくモデルチェンジし、ベゼルも狭くなり、なおかつノッチがないことから、画面もすっきり
少しエッジの効いたiPhone5やSEを彷彿とさせるデザイン、美しい板になりプロダクトとしての価値が高まったと思います。
ただ、カメラの出っ張りが気になるところですが、カバー類を使用すればフォローできるので問題ないかなと。

Apple pencilの改善

前回は書きごこちは良いものの、丸くてテカっており、なおかつ細長いことから、Apple Pencil専用のグリップが発売されていたりw
充電もわざわざLightningに挿して充電(通称金魚のフンw)してたことから、
あまりよく思ってなかったのですが、
今回Surface Proと同じように磁石でくっつき、なおかつsurfaceProにはない、充電機能も備えたこと
また、Surface Proはペンの後ろが消しゴムとして機能しますが、
Apple Pencil2はペンをダブルタップで消しゴムに変えることができ、2017年に購入したsurfacePenを総合的に追い抜いてます。
元々の書き心地はApple Pencilが良いため今回のアップデートでsurfacePenを大きく引き離していきました。

(2019年に)Photoshop対応

これも発表時に大きく惹かれた点ですが、フル機能のPhotoshop対応によってラップトップに近い使い方ができると踏んで今回の購入に至りました。
来年のいつ出るかは未定ですが、リリースされたらもちろん使いたいと思います。

USB Type-c対応

AppleのビジネスでもLightningコネクタは結構良い稼ぎになっており、
Lightningのライセンスをサードパーティに幾らかで販売することによって利益を得ています。
これがiPhoneでLightningコネクタが今でも使われ続けている理由の一つではないかと思っています。
なので今回のUSB Type-C採用は大きな判断だったのではないかと思います。
とはいえ、端末にとってもメリットは大きく、カメラやディスプレイに直接繋いで作業の幅が増えたり、ハブを使うことによってより、PCライクな使い方ができる端末に進化しました。

Surface Proとの比較

軽さ

今回購入した11インチはもちろんサイズが変わりますので、当然軽くなります。
どちらかといえば競合はSurface Goになるのですが、私が持っていたのはSurface Pro(2017)のため、サイズが小さくなり、カバンも幅広く選べるようになりました。

OSの違い

これは一長一短あります。
どうしてもwindowsでしかできないことも多いですし、iPadはiOSとモバイル向けなので、できないことも多いですが、アプリである程度カバーできます。
この辺りは今後のブログで書いていきたいと思います。

店舗を巡る旅へ

ビックカメラ
12月7日(金)
まずむかったのはビックカメラ。仕事上がりに急いで渋谷東口店に向かいましたが、
すでにmacのコーナーには何名か接客待ちのお客さんが・・・
自分も10分くらい待って店員さんに在庫を確認したところ、iPadProの前スペック在庫なし、かつApple Pencil2、smart keyboard folioも在庫なしとのことで、諦めてLABI渋谷へ・・・

ヤマダ電機(LABI)
こちらもビックカメラ同様在庫全滅。
とぼとぼと家に帰ろうと電車に乗りました・・・・・

ベスト電機(ヤマダ)
ただ、やっぱりこの機会を逃したら二度とこんなにお得に買えることはないと、諦めきれないなかの、改めてPayPayが使えるお店を調べるとベスト電機(ヤマダ)があり、そういえば地元にある!と思いダメ元で行ってみたところなんと在庫が少量ながらもあったので購入!!

そして購入

本来であればWifi セルラー(SIMフリー)を購入したかったのですが
SIMフリーモデルはAppleStoreのみであったので×
しかし私は、元々契約していたWimaxもあり、なおかつ最近端末を機種変更したため、
通信環境が大幅に改善したため購入に至りました。

また、256GBが欲しかったのですが、在庫の都合で512GBを購入しました。
容量は多くて困ることはないですしね。

ただし、Smart Keyboard FolioとApple Pencil2は翌日
Apple Store新宿で購入しました。(どの店舗行っても客注でいつ届くかわからないため)

とはいえ今回の祭りのおかげで約20%OFFで買えたことはとても良かったです。
もちろんビックカメラでポイントつければもっと良かったかもしれませんが、
それでも

PayPay 20%+
ヤマダポイント 2%+
住信SBIデビットカード 0.6%
なので22.6%
ヤマダの値引き4,320円で134,784円(税込)-
PayPayボーナス26,956円 –
ヤマダポイント2,696円 –
SBIポイント808円
=104,324円相当で買えたと思えば結構お得かなーって。

尚、普通にWifiモデルの512GB購入すると139,104円ですので34,780円程お得に買えましたね。
ちなみにsmart keyboard folioとApplepencil2は合わせて37,044円なのでほぼほぼ割引分で買えました。

どちらにしても今後ガンガン使っていきます。
今持っているSurface Proは売ってしばらくiPadProで運用していこうかと思ってます。

そしてこの投稿もiPadProで書きました!

スポンサードリンク

Gadgetの最近記事

  1. 自転車にも使えるドリンクホルダー#2GOのレビュー!マルチな活躍が期待できる一品

  2. 窒化がリウム(GaN)の衝撃!MacBookProに最適な「RAV Power RP-PC…

  3. MacBook Pro 13インチを増税前にお得に買った話

  4. iPad Pro 2018にも使える!GoogleのイヤホンPixel USB-C ear…

  5. RAVPOWER 6700mAh Portable Chargerを使ってみた

関連記事