Webデザインとガジェットの備忘録

  1. 仕事

職業の向き不向きを考える(認知特性による適職探し)

自分の特性を知る

私は社会人8年目で新卒から約6年半ほど営業職として働いておりましたが、常に違和感を感じてました。

少しまえに読んだ本でその違和感がぼんやりと見えてきたので書いていこうと思います。

こちらの本では認知特性といった一人ひとりに備わっている能力を可視化することによって自分の生活や仕事をスムーズにこなすためのヒントが書いてあります。

社会に出ると、学歴や偏差値など関係なく「頭がいい人」がたくさんいます。それらの人を見て私 は、「一人ひとりに生まれながらに備わっている資質や能力を最大限に活用できる人」こそ、真に頭のいい人では ないかと考えるようになりました。そして、そのような人になるには自分の「認知特性」を知ることがカギになる ことに気がついたのです。

本田 真美. 医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン~ (光文社新書) (Kindle の位置No.33-34). 光文社. Kindle 版.

今まで意識してこなかった部分でした。
そして、こちらにある認知特性テストを私が受けてみた結果が以下となります。
全35問の質問に答え、そこから各項目に加点方式した結果となります。

スポンサード・リンク

以下の表はテスト結果をExcelにて項目と点数を入力してそこからレーダーチャートに落とし込んでます。

レーダーチャート

評点まとめ

こちらの結果を見ると私は完全に
①写真タイプ
②三次元映像タイプ
に偏って突出しているため視覚優位者であることがわかります。
続いて聴覚優位、言語優位が弱いことがわかります。
(それにしても偏りすぎだろ・・・OTL)

視覚優位者タイプの特徴

①視覚優位者・写真( カメラアイ) タイプ
・写真として物事を記憶する
・道順を説明するときは、路線図か地図、 あるいは「 ○○駅→□□駅→病院」 と図式を用いる・3歳以前の記憶 があるが、 その記憶は自分の目で見た情景のため、自分はその場に登場しない
・歴史の本を読むと、文章だけでも城や戦いの場面がスムーズに浮かぶ ・アニメの脇役のキャラクターの似顔絵 も上手に描ける
・「野菜をできるだけ多くあげよ」というときは、野菜の写真やスーパーマーケットの陳列棚をイメージ しながら答える
②視覚優位者・三次元映像タイプ
・映像として物事を記憶する
・人の顔を覚えるのが得意
・道順は、図式や地図だけでなく、信号の数やポスト、店の看板を書き加えて説明する
・歴史の本を読むとき、城や戦いの場面が浮かびやすい
・昔の記憶を、順序よく時間を追うように説明できる

本田 真美. 医師のつくった「頭のよさ」テスト~認知特性から見た6つのパターン~ (光文社新書) (Kindle の位置No.699-709). 光文社. Kindle 版.

相手に説明する際に図をかいたり、表を作成することは比較的得意です。

また、写真撮影&編集する際も自分の頭の中にイメージがあってそこに合わせていくようにするだけなのであまり迷いがなくスムーズに作業が出来ます。

一方、言語や文字では上手く説明や理解できないことが多く仕事する上でかなりこちらは困っています。
上記のことから私が向いているのは視覚優位者が向いている職業こそ適正があるということがわかります。

営業職と言うのはユーザーにいかに「伝える」ことができるかが大切である以上、言語優位者が適性であり、言語系が非常に弱い私にとっては今までよく営業やってたなと感じるわけです。

現在はweb制作現場の進行管理をしておりますが、デザインのワイヤーフレーム作成するのは得意。
だけど制作物チェック(特に文字の修正)や依頼書の作成においては正直苦手。
そのため、そういった苦手分野においては別の人にフォローしていただくことでなんとかやっていけています。

みなさんもこちらの本であなた自身の特性を診断されてはいかがでしょうか。

こちらの記事の続編はこちら

スポンサード・リンク

仕事の最近記事

  1. 新入社員だったあの頃 〜 その4〜

  2. 通勤・通学におススメのバックパック4選+α

  3. 新入社員だったあの頃 〜 その3〜

  4. 新入社員だったあの頃 〜 その2 〜

  5. 新入社員だったあの頃 〜 その1 〜

関連記事